就職・転職

英語ができないけど香港で働きたい人の就職活動

香港で仕事を探すには英語または中国語がしゃべれることがマストになります。
たとえ日系企業でも香港人と一緒のオフィスで働くことになるので、
最低限、日常会話以上の英語力または中国語力が求められます。

ただ、語学ができない人けど、どうしても香港で働きたい人もいるかと思います。
そんな人は日系企業が主なクライアントとしている日系企業を探すのが良いのではないでしょうか。

例えば、日本語のフリーペーパーの会社とか。
ピンポイントでココには入れるかどうかはわかりませんが、
香港には数種の日本語フリーペーパーがあります。

ココで広告をとってくるような営業であれば、
クライアントは香港にあるサービス業を営んでいる日系企業が主になりますので、
日常会話程度ができればなんとかなる可能性が高いです。

しかも日系企業であれば、同僚も日本人が多いため、会社によっては
そこまで英語ができなくても何とかなるかもしれません。

ただ、すべて日本語のみで仕事が完結することはなかなかないので
最低限日常会話ができないと厳しいと思います。
何よりも生活なども含めて、自分が苦しくなると思います。

もっといえば、日本人と日本語使って仕事をすることだけになってしまうと
住んでいるのが香港と言うだけで、香港に住む醍醐味が少なくなってしまいます。
また、生活を楽しむ余裕もなくなってしまうかもしれません。

これから語学からという人はぜひ最低限の語学力をつけてから
挑戦されることをお勧めします。

香港の日系人材紹介会社

香港にある日系の就職エージェントをご紹介

RGF HR Agent
あなたのそのスキルを発揮できるのは「香港」という舞台
インテリジェンス香港
人事のプロフェッショナルが企業・個人を的確にサポート

香港Works
人材は、プロが探す

キングスウェイ パーソネル リミテッド
親切丁寧な対応がベストマッチングを生み出す

テンプスタッフ香港リミテッド
探そう、仕事の、歓びを。現地採用事情を完全把握!

パソナ
人材紹介・人事労務管理・給与計算代行・通訳派遣サービスはパソナアジアへ

 

これらのエージェントに問い合わせをすれば、詳しいことが聞けると思いますので、
ご興味ある人は問い合わせをしてみてください。

※どのエージェントが良いかはわかりかねます。
詳しいことにつきましては直接お問い合わせいただきますようお願いいたします。

香港の就職・転職のポイント

●英語力はどのぐらい必要か?

よくTOEICの点数を気にする人がいますが、実際、香港で就職活動をすると
ほとんどの会社でTOEICの点数は聞かれません。代わりに英語での面接があります。
これから対策をする人は、いつも日本語の面接で聞かれるようなことを
英語で言えるようにしておくとよいでしょう。

※日本人の面接官の場合でも英語のレベルを確認するため、英語で自己紹介をするなど
英語をしゃべる機会を与えられることが多いです。

 

●どんな業界の仕事が多いか?
日系の会社を中心に考える場合、メーカー、商社、金融系が多くなります。
香港は工場が多い中国のシンセンに近いため、日本と中国の橋渡しをするために
香港に会社を構えている日系企業が多いためです。
また、香港はアジア金融の中心地のため、必然的に金融系も多くなっているようです。

 

●給料はいくらぐらいか?
経験やポジションによりかなり幅がありますが、はじめは一般的なサラリーマンであれば、
20,000HK$(約20万円)前後であることが多いです。
事務職だと多少安いことが多く、またマネージャークラスだと2倍から3倍もらえることもあります。
ただ、香港は日本と違い、転職が当たり前の国なので、
実力次第があれば比較的早く給料が上がることが多いようです。

 

●求人が多い時期は?
一般的には旧正月明け(1月末)から4月までが求人が多い時期になります。
香港では旧正月前にダブルペイがある会社が多く、ダブルペイをもらった後に
転職する人が多いためです。
ただ、日本人募集の求人はポジションに空きが出たときの補充としてに募集されることが多いことから
それほど時期に影響を受けないようです。

※ダブルペイとは通常の給料に加えてさらにもう1カ月分給料がもらえる制度です。
この制度を導入している企業であれば年間13カ月分の給料をもらえる計算になります。

 

●香港で仕事を探すために必要なキャリアは?
香港で働くには就労ビザの取得が必要になりますが、取得のためには
最低日本で3年ほどのキャリアが必要になります。
基本的には香港人の雇用が優先されるため、即戦力としてのキャリアを証明する必要があるからです。
そのため新卒ではビザの取得が難しいです。

 

香港での転職活動の方法

香港での就職・転職活動の方法をご紹介します。

まず、日本人が香港で仕事を探す方法ですが、
日系の就職エージェントが現地に数社ありますので、
そこに登録し、仕事をご紹介してもらうことをお勧めします。
(日本にあるリクルートエージェントのような会社があります。)

日系の会社であれば、日本人のコンサルタントが常駐しておりますので、
日本と同じような進め方で就職活動を進めることができます。

仕事の探し方としては以下の2つの方法がメインになると思います。

①日本で登録をし、日本を拠点に就職活動
日本でエージェントのWebサイトを探し、登録

日本から現地コンサルタントとSkypeなどで電話面談

面談結果を元に仕事を紹介してもらう

応募

書類審査が通れば、香港に行き面接を受ける(面接は1回~3回程度)
(面接前にコンサルタントに直接会い、現地でエージェントに正式登録する必要あり)

内定

②直接香港に行き、職を探す
エージェントのWebサイトを探す

香港に行き、登録したエージェントと直接会い面談

面談結果を元に仕事を紹介してもらう

応募

書類審査通過後、面接

内定

以上のような2パターンが考えられます。
もし、本気で香港で仕事をする気持ちがあるのであれば、②の方法をお勧めします。

というのも、①の方法ですとエージェントに本当に香港で仕事をする気があるのかが
伝わりづらく、あまり案件を紹介してもらえない可能性があるからです。
また、上記方法は「日本人募集」の求人に応募する場合の方法ですので、
どちらにしても求人数は日本で職を探すことと比べると、かなり少ないです。
(多くても1ヵ月10件程度だと思われます。)

日系エージェントは「現地人募集」の案件も扱っておりますが、
その場合、現地語あるいは英語がかなり高いレベルで求められます。
希望される方はぜひチャレンジしてみてください。