銀行

香港でのクレジットカードの作り方(HSBC銀行)

HSBC銀行でのクレジットカードの作り方をご紹介。

まず、私はすでにHSBC銀行で口座を開設済みで、
香港IDカードを所持しており、かつ香港で働いているので、
今回はその前提でまとめさせていただいております。
そのため、香港IDカードを持ってない場合などは
申請方法等が異なるかもしれません。

<申請に必要な書類>
・パスポート

・香港IDカード

・在籍証明書
→雇用契約書などの香港で働いていることの証明書になります。

・3ヶ月間分の給料明細書
→定期的な収入証明のために必要になります。
 基本、3か月ですが、担当者によっては1カ月あるいは2カ月しかない場合でも
 対応してくれることもあります。
 支店より本店で申し込む方が対応がよいようです。
 
必要書類は以上になります。
上記書類を持参し、HSBC銀行にて申込をします。

クレジットカードは数種類ありますので、
自分の収入や年会費を考慮し、選択するのがよいでしょう。

申請後、3週間ほどで、カードが自宅に郵送されてきます。
その後、そのカードが使用できるように設定するため、アクティベートを行います。
(専用番号に電話をし、そこで自分の個人情報等を確認されます。)

アクティベート終了後、クレジットカードが無事使用できるようになります。
(アクティベートは数分で終了します。)

ちなみに、アクティベート後、1週間ぐらいで、
クレジットカード用のPINコードが郵送されてくるので、
それの番号をもらい次第、クレジットカードの残高等が確認できるようになります。 

香港HSBC銀行の口座開設

香港にてHSBC銀行の口座を開設。

私は香港IDがない状態で口座開設をしました。
初めにいった支店では香港IDがないとダメと断られましたが、
別の支店に行ったら難なく作ることができました。
もしかすると日本と違い、口座開設についてはしっかりと決まっておらず
担当のさじ加減によって作ることができるのかもしれません。

 

以下が必要書類になります。
・香港の携帯番号 – ない場合に口座が開設できるかはわかりません。
・パスポート – IDの代わりになります。
・現金 – 最初に預けるお金です。最低2,000$預ける必要があります。
・住所証明書 – 英文の銀行残高証明など。
→私は住所証明として英文の残高証明書を持って行きましたが、
プラスアルファとして日本の運転免許証の提示を求められました。

 

上記書類を持っていき、担当と英語で話しながら登録するので、
特に書類に記入することはありませんでした。
(代わりにその場で担当者が私の情報を入力してました。)

口座の種類は2~3種類あり、口座によって最低限口座の中に
ストックしておかなければならない金額が変わってきます。
(最低金額を割ると毎月手数料がかかってきます)
※私が口座開設したときにはキャンペーン中でAdvance口座が1年間手数料無料でした。

口座開設後、すぐにATMに行き、ATMのパスワードを設定し終了になります。

ネットバンキングは店舗で口座開設した翌日から使えるようになりますので、
翌日以降にネット上で登録してください。

※インターネット上にはいろんな情報がありますが、
上記はあくまで私の経験を元にしたものですので、
状況により変わるかもしれません。

 

日本円から香港ドルの両替

香港でのお金は「香港ドル」になるので、日本円から香港ドルに
両替する必要が出てきます。
両替の方法としては以下があります。

①重慶大厦(チョンキンマンション)の両替商
安宿(ゲストハウス)がたくさん入っていることで有名な重慶大厦は
両替商も多く入ってます。
10軒ほどの両替商がありますが、比較的奥にあるお店の方が
レートが良いことが多いです。

↓ココが重慶大厦
↓九龍・尖沙咀地区のネイザンロード(弥敦道)に面してます
ChungkingMansions

 

②クレジットカード
香港はクレジットカード社会なので、比較的どこでもクレジットカードが使えます。
ただ、日本と違い手数料が3%とられることもあります。
また、レートは使用した時のレートではなく、数日後の時点でのレートや
締め日の時点でのレートが適用されることもあるので注意が必要です。
※カード会社により異なります

③香港内の両替商
尖沙咀や銅鑼湾を中心に両替商がありますので、現金がなくなった際は
近くの両替商で簡単に両替ができます。
ただ、重慶大厦の両替商と比べるとドコもレートが悪くなります。

④日本国内の両替
これは非常にレートが悪いです。
念のため少しだけ両替しておいた方が安心と思われる方もいるかもしれませんが、
香港の空港での両替の方がレートが良いので、
せめて香港の空港で両替されることをお勧めします。
(深夜や早朝につく場合、空港内の両替所は閉まっている可能性もあります。)

 

以上、①~④の順にレートが良くなる傾向があります。
重慶大厦のレートはクレジットカードと同じか少し良いぐらいですので、
お近くに行く機会があれば、是非ココで両替をして下さい。

※香港内の銀行での両替は未確認ですが、レートは良いようです。
ただ、手数料がかなりかかるようなので小額の両替にはお勧めできません。

香港で両替をする場合は「日本円から香港ドル」の場合、
「We Buy」というところのレートを確認します。
ココが一番高いところがレートが良いということになります。

また、逆に「香港ドルから日本円」に戻す場合は、
「We Sell」というところを確認し、一番低いところが良いレートになります。